パレットは上に商品を乗せ、下にフォークリフトのアームなどを挿入して持ち上げ一気に運ぶことができる便利な備品で、物流の現場では大活躍しています。しかし、その必要量は業務の規模や顧客の数によって大きく左右されます。繁忙期には不足するほどで、先に使用しているパレットが空くまで次の商品を運ぶことができなくなることもありますが、閑散期には逆に余ってしまい保管場所にも困ってしまうなど需要と供給の差が極端なのも特徴です。そんな中で、昨今の世界情勢の先行き不安、物価や燃料費の高騰が今後も継続する見込みとなっていることから、業務をスリム化したり廃業をするという動きも出始めています。

そこで問題となるのが大量に余ってしまった中古パレットで、その処分方法に多くの企業が頭を悩ませるところです。廃棄をするにも費用がかかるばかりか、樹脂製のものであればカーボンニュートラルの観点からもゴミとして捨てるのは憚られます。金属製の場合は重量もあることから、運搬の手間も費用の面でも大きな負担となってしまいます。そんな時に利用したいのが様々な資材の買取を受け付けているショップに中古パレットを買取してもらうという方法です。

まだまだ使える健全な状態の中古パレットなら、一方で物流関係の新規事業や業務の拡大を行っている企業からの需要があり、中古市場で求められている商品となります。中古パレットを買取してもらえば処分のための費用がかからないだけではなく、現金化ができることから利用する企業が増えています。